ブログ
2018年9月17日

秋晴れの下カキシブ隊

今日は作業するには、
暑すぎないちょうどいい感じで、

建主さんとその子どもたちとで
「カキシブ隊」でした。

今日塗ったのは、足固めと土台。

わりとたくさんありましたが、
終始子どもたちががんばってくれて、
なんと14時終了!

子どもたちは、
どうやら近所の中華料理屋につられて
お父さんとともに来てたみたいですが(笑)、
すごいがんばりようでした。

またお父さんに負けず劣らず(笑)
たくさんおしゃべりしてくれたので、
とても楽しかったです。

これでこのたてものの
カキシブ隊は終了。

今週末、いよいよ建前です。

楽しみ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2018年9月10日

小雨舞う中カキシブ隊

時折小雨が舞うお天気でしたが、
雨に濡れない小屋の中で、
柿渋塗利の作業を進めました。

今日は
茅ヶ崎のユカイな大人たち
3名の方にお手伝いいただき、

前回とは異なり、
オトナの会話。

いろいろと楽しい話を
聞くことができました。

話してばっかりでしたが(笑)、

無事小屋梁と柱を
三時のおやつの時間まで
塗りきることができました。

これくらいの時間に終わると
事務所に帰って
仕事できる余力を
残すことができるので、
ありがたいです。

次回は17日。
足固めを塗る予定です。

午前には終わるかな。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おやつの時にいただいた
自家製プルーン。

プルーンというと、
どろっとした液体のほうが
思い浮かびますが、

こりゃうまい!

ぱくぱく食べてしまいました。

Kさんがプルーンのステキさを
力説するだけのことはありました。

2018年8月10日

灼熱のカキシブ隊

お盆休み直前の仕事は、
カキシブ隊。

「隊」とはいうものの、
小さな建物なので、
建主一家と所員2名のみ。

こじんまりと行いましたが、
ずっと子どもたちが
がんばってくれたこともあり、

明るい時間に
作業を終えることが
できました。

それにしても太陽がまぶしく、
暑い中での作業でした。

いつもは
雨が降らないかぎり
空の下で塗るのですが、

今日は小屋の中で
塗りました。

それでも
ゴム手袋の中には
汗が水のように
溜まりました。

おやつに持ってきていただいた
冷えた梨が身体に沁みました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2018年7月24日

弥生時代に思いを馳せつつ

(仮称)茅ヶ崎の麹屋にて。

基礎工事が始まりました。

実は当初、
ヨイトマケで石を並べ、
その上に石場建ての建屋を
予定していたのですが、

地面を30㎝掘ると
遺跡が出るかもしれず、

それ以上掘る仕事をする場合は、
何百万円もかけて遺跡調査しなさい、
ということになってしまいました。

このあたりには
なんと弥生時代から人が住んでいたらしく、

人が住むには
とってもいい場所らしいです。

しかし喜んでいる場合ではなく(笑)、

ヨイトマケの場合、
地盤を堅くしなければならないので
砕石による地盤改良を予定したのですが、

それだと遺跡調査は必至、

このため
石場建てという方針は変えずに

コンクリートで
地面をあまり掘り下げなくてもよい工法で
基礎を作ることにしました。

現代人にとって
何が大事なんだろうと
少し考えさせられましたが、

弥生時代に思いを馳せつつ、

与えられた条件の中で
いちばんいい答えを
出していきたいと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2018年7月10日

神が降り鳥が鳴く

夏空の下、
今日は茅ヶ崎矢畑で地鎮祭。

灼熱の太陽が照りつけ、
暑かったですが、

時折吹く風が
心地よい日でした。

そして降神の儀の直後に、
鳥が鳴き、蝶が舞い、

さらにその風が
心地よく感じたのは、
気のせいでしょうか。

また今日の神主さんは、
儀の一つ一つを
丁寧に解説しながら
進めてくださり、

勉強にもなる
地鎮祭でした。

その中でも印象的だったのは、
般若心経の言葉の末尾に付く
「ソワカ」という言葉は、

ソは、掃除のソ、
ワは、笑いのワ、
カは、感謝のカ、

それが成就を招く、
ということ。

本来の意味とは
違うかもしれませんが、
とても納得してしまいました。

今日の言葉を胸に、
いつもきらくなたてものやが
心がけている、

仕事があることに感謝し、
いつも整って美しい、
笑いの絶えない現場に
していきたいと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お供えものは、
隣の果樹園や畑から
朝採ってきた、
まさに旬の地のもの。

神様も
より喜んでいたことと
思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まさに夏の空でした。

2018年6月28日

めんどくさいほうに

(仮称)茅ヶ崎の麹屋にて。

事の始まり、
どろこねを行いました。

今回は立米数が少ないため、
当初は人が少なくても
人力でやりきるつもりでしたが、

元気いっぱいな
フリースクールここだねの子どもたちが
来てくれて、

とても助かりました。

実は私、
この日たんたんと
身体を動かしていましたが、

一昨日から体調を崩していたので、
正直あんまり身体に力が出ず、

子どもたちの働きぶりは、
本当にありがたかったです。

それにしても
人力というのはたいへんだけど、
やはり気持ちいいですね。

達成感もひとしおです。

今日建主さんが
軽やかに子どもたちに
お説教(笑)していたのですが、

話の内容が深く、

その一つに

迷ったらだいたい
手間のかかるほう、
めんどくさいほうが
正解だよ、という言葉が
ありました。

何にも機械使わず
足と手で泥をこねながら

心の中でそうそう、と
つぶやいておりました。

あー仕事のあとの
水がうまい!カレーがうまい!

そして今晩は、
ぐっすり眠れそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大人も子どもも
はだしになって。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お昼にいただいたカレー。

毎日のようにカレー食べてますが、
それぞれに特長があって、
飽きないどころか、
奥が深いな、と思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おやつは
隣の果樹園からヤマモモ。

酸味が心地よく
身体に沁みわたりました。