二宮 し邸

きらくなたてものやの最シンプルプラン

家族4人で暮らす「最シンプルプラン」です。4間×4間×2層、28坪の小さな家ながらも、手刻み木組みの構造に土壁をつけています。本物の木と土の家は、子どもの感覚を健やかに育みます。だからこそ、30代の子育て世代に伝統構法の家に住んでもらいたい。そんな思いで「手の届く」家となるよう、省けるところはなるべくシンプルに、工夫をこらしました。

工事内容:新築
用途:住居
竣工:2012.8
場所:二宮町
延床面積:92.54㎡(28坪)
竣工時の家族構成:夫婦二人 子一人

ninomiya_shi_01
ベランダも玄関もない、シンプルな2階建ての家です。それでも、軒だけは深く出しています。

ninomiya_shi_02
玄関はなくて、外から入るとそのまま八畳のコンクリート土間の台所になっています。居間との段差に腰掛けたり、段差の下に靴をしまったり。何もないことで、かえっていろいろに使えるのです。「domother」という屋号のもとに、お母さんたちの集まりがしょっちゅう開かれ、人がよく寄る家です。

ninomiya_shi_04
土間からあがった居間は吹き抜けになっています。土間と居間との境のど真ん中にある自然木は、子ども達の格好の木登り遊びの場です。

ninomiya_shi_05
居間の奥には六畳の寝室。二階には、L字状に二部屋。障子ごしに一階と二階との間の気配が常に分かります。

ninomiya_shi_06
居間の角から吹き抜けを見上げたところ。一間置きに柱を配置して梁組をシンプルにすることで、材も細めに、大工手間も無理のないようおさめることができました。

ninomiya_shi_03
二階から居間と土間を見下ろしたところ。

ninomiya_shi_07
通り面からの夜景。窓の配置はかわいらしくしました。高い窓は、夏の熱気を逃がすのにも役立っています。

ninomiya_shi_08
夜はこのように横にスリットの入った「きらくな網戸」を施錠して戸締まりします。内側のガラス戸をあけておけば、防犯しながら、夜間通風をとることができます。コストを抑えても、ここは木製建具にこだわりました。

写真:畑 拓

設計実例集

  • eyecatch_ninomiya_shi

    二宮 し邸

    きらくなたてものやの最シンプルプラン
  • eyecatch_fujino

    藤野の家

    船のような家
  • eyecatch_machida_ka

    町田 か邸

    笑う門の家
  • eyecatch_kumagaya

    熊谷の家

    風が通る平屋の家
  • eyecatch_minato

    みなとの家

    とことんオープンにできる家
  • eyecatch_yokohama_ko

    横浜こ邸

    自然木の梁がつくる大らかな空間