ブログ
2012年2月19日

先人との思惑の一致

カテゴリー: 鎌倉や邸

昨日古民家改修の現場にて
竹小舞大会だったのですが、

竹小舞の「骨」となる
間渡し竹を仕込む際、

柱・梁にドリルで穴を
開けようと思ったら、

その場所には既に
「先客」がおりました。

つまりそこには、
鑿で穴が彫られていたのです。

現場の諸々の都合で
一度この部分の土壁を
落としたのですが、

その土壁の間渡し竹も、
こちらが取り付けようと思っていた位置と
同じところに仕込んでいたわけです。

作り方が同じだとすれば、
当たり前なのかもしれませんが、

約八十年前、
この家を作った当時の職人と
思惑が一致したようで、

何だかうれしくなりました。