ブログ
2012年3月31日

キセキヲ重ねて

カテゴリー: 今日のできごと

今日午後は、
飯能の岡部材木店にて、
集合住宅の改修で使う
厨房の天板を物色。

ああでもないこうでもないと
木を選ぶときって、
本当に楽しいです。

そして幾多の木の中から、
この家で使わせていただくのは
ただ一枚。

それに手を施すのは、
幾多の大工の中からただ一人。

奇跡のようなご縁の積み重なりで、
木の建築は作られていきます。

現場に来るたび壁にあいさつ

カテゴリー: 鎌倉や邸

鎌倉古民家の改修現場にて。

今日建主さんたちは、
朝から室内の漆喰塗り、

というよりは、
それに先立ち養生と下ごしらえ。

私は朝で失礼しましたが、
今日も現場が
賑やかになりそうです。

また先週塗った荒壁土は、
少しずつ少しずつ乾いています。

まだ完全に
乾いた様子は見えてきませんが、
しかし荒々しいというよりは、
細かくひびの入った
繊細な感じの表情になりそうです。

こうして現場に来るたび、
土壁の様子が気になって、
ごあいさつして
顔色を伺ってます(笑)

2012年3月30日

花咲いた場所で

カテゴリー: 今日のできごと

私がまだ二十代の頃、
お手伝いしたコーポラティブハウスにて
改修工事の仕事が始まりました。

この場所は、
右も左も分からぬまま、
突っ走るように
初めて取り組んだ
コーポラティブハウスです。

そんな思い出深い場所で
こうして再びご縁ができたこと、
たいへん感慨深いです。

そういえば、
初めての伝統工法による自宅建設と
時期が重なっていて、

あの頃は体力だけが取柄だったので、
(今もそうか(笑))
よく家に帰らず仕事したもんです。

そしてこの二つの経験が、
結果的にこの先取り組む仕事の
骨格を作ってくれました。

あれから一回りも
経つんだなあ。

今日はほぼ一日、
ここの現場にいたのですが、

そうするとやはり、
何人かの方と顔を合わせて、
言葉を交わすことが
できるわけです。

そんなひとときが
楽しくなりそうな、
およそ2ヵ月になりそうです。

改修工事ゆえに、
想定外のできごとが
何かと起きるわけですが、
そのたびに「はいはーい」と
喜んで足を運んだりして(笑)

また今日は、
玄関までの通路の脇に咲く
ウメの花が満開でした。

あの頃から成長した草花と
来るたびに出会うのも
楽しみの一つになりそうです。

2012年3月29日

建具家具入る

カテゴリー: 鎌倉や邸

鎌倉古民家の改修現場にて。

来週完成に向けて、
今日は大工3名に加え、
板金屋、タイル屋、
ガラス屋、建具屋、ガス屋と、
大賑わいの日で、

敷地の専用通路部分が
車でいっぱいでした。

とくに今日は、
大工製作の大きな家具と、
屋外に面した木建具が入り、

だいぶ空間が動いた感じがします。

居間と厨房の間に置かれる家具。
この周りの壁に石膏ボードを貼り、
漆喰で仕上げる予定です。

ガラス用の木建具が入りました。
この直後、ガラス屋の須藤さんが
ペアガラスを挿入しました。

続いて網戸を釣り込み。
網戸には格子が付いて、
日射しを遮るとともに、
防犯性を強化します。

格子を近くで見ると、
水が切れるように、
また極力埃等がたまらないように、
一本一本勾配がついています。

また外から見た時、
建具がより軽やかに
見えますね。

2012年3月28日

屋根が始まる

カテゴリー: 二宮し邸

二宮し邸にて。

屋根に昇ると、
屋根葺職人の金子さん(通称ネコちゃん)の手により
流れ桟と瓦桟が、
格子のように打ち付けられ、
棟換気金物も付いていました。

ボチボチ瓦を運んだ形跡も
見られます。

もう少ししたら、
達磨窯で焼いた
鈍く妖しく光る燻し瓦の波を
楽しむことができそうです。

床板届く

カテゴリー: 二宮し邸

二宮し邸にて。

今日床板の第一便が
現場に届きました。

上棟から2週間と少し、
大工は早くも、
床板を貼り始めていました。

大工のコグチくん、
今回は想定以上の速度です。

木ずりで包まれる

カテゴリー: 茅ヶ崎は邸

茅ヶ崎は邸にて。

現在2階の間仕切り壁は、
下地となる木ずりの状態。

そこにいると、
木ずりで包まれたような
感じです。

風が通るし、
このままでも
いいんですけどね、

向こうが透けて見えるので、
土を塗ることにします(笑)。

もちろん、
土で仕上げた状態も
楽しみです。

だけど木ずり仕上げというものを
またどこかでやってみたいものです。

上の壁から

カテゴリー: 茅ヶ崎は邸

茅ヶ崎は邸にて。

今日現場に行くと、
いつもの大工2名に加え、
電気屋さんと、
左官職人3名。

仕上げに向けて、
次第に現場が
賑やかになっていきます。

壁のほうは、
早くも上のほうから
仕上げの準備を
始めていました。

材木と緑

カテゴリー: 葉山と邸

今日久しぶりに、
所用で葉山と邸に行くと、

ちょうど植木職人が
植木を植えているところでした。

元々想定していた場所に加え、
さらに多くの木を
植えられていたのですが、

やはり緑が多いと
木の家が引き立つな、と
改めて感じました。

私たちは、
木の枝葉を切り落とし、
製材したものを使って
家を建てるわけですが、

削ぎ落とされた木の集積と
元々木にあったはずの緑が
敷地の中で再会することにより、

「木」の要素が
全て一つの絵に納まり、
絵としての構成が
落ち着くのだと思います。

2012年3月27日

大工工事は大詰め

カテゴリー: 鎌倉や邸

鎌倉古民家の改修現場にて。

来週完成に向けて、
大工工事は大詰め。

つい最近まで見えていた下地が
石膏ボードで覆われ始め、

急激に空間の様子が
分かるようになってきました。

なお、この家の居間は、
元々大壁(柱梁が見えない)だったので、
基本的に大壁で作り直していますが、

可能なところは
ときに大胆に
木組みを露わにして、

表情豊かな空間を
仕立て上げる予定です。