ブログ
2022年10月25日

建具が入る

カテゴリー: 横浜瀬谷あ邸 事例集

横浜瀬谷あ邸にて。

いよいよ最終段階、建具が入りました。

玄関建具
水廻りの建具。今回は縦張り。
収納のガラリ戸
2022年10月22日

手摺兼本棚

カテゴリー: 鎌倉笹目あ邸 事例集

鎌倉笹目あ邸にて。

早くも階段ができあがり、またその周りの手摺兼本棚もできあがっていました。

柱幅分の奥行ですので、文庫本やマンガだったら置けます。

2022年10月2日

ようやく

カテゴリー: 二宮こ邸 事例集

二宮こ邸にて。

お話をいただいてから一年半以上。そのうち設計の打ち合わせは、約3ヵ月。しかしその後の行政手続きは1年と3ヵ月。と申しますのも敷地が道路に接しておらず、さらにその後次々に障害が湧き上がり、それを一つ一つ乗り越えて、本当にようやくここまでたどり着きました。

関係者の皆さん、あきらめずに粘りの作業ありがとうございました。そしてその間、まだ歩くこともままならなかった子どもがしゃべるようになり、さらに妹まで産まれるほど時間が経過したにもかかわらず、ずっと待っていただいた建主さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

探偵もびっくりの作業、そして一本物語が書けるんじゃないかと思うほど様々なことが起こりましたが、今日の雲ひとつない快晴のもと地鎮祭が執り行えたように、また上の子の記憶に家づくりの物語が刻まれると思えば、結果として今日この日を皮切りに工事が始められることがベストと思えるよう、これからも最善を尽くしてまいりたいと思います。

2022年10月1日

食がまさにエネルギー

カテゴリー: 鎌倉笹目あ邸 事例集

鎌倉笹目あ邸にて。

10月?と思うほど暑さを感じる秋晴れのもと、建主さんたちと外壁に使う板を塗る作業を行いました。

ここ最近、同様の作業を立て続けに行っていますが、同じように見えても毎回進み方やその場の雰囲気がそれぞれなのが面白いです。

そして今回、作業場の主が前日海まで行ってカツオを釣ってきてくれて、お昼に目の前でタタキにしてくれました。普段は焼杉作りに用いる大きなバーナーで焼いたものだから、みんなビックリ。この演出がよりいっそう味を引き立ててくれました。

正直なところ、午前の様子だと「こりゃ日が暮れるまでかかるな」と思ってましたが、このカツオのおかげでみんな元気がみなぎり、3時のおやつの頃には全て塗りきることができました。食がまさにエネルギーでした。

今回も楽しくおいしくみんなで塗った板。その板で覆われる姿が楽しみです。

2022年9月28日

8割がた

鎌倉大町や邸にて。

外壁張りが大詰め。足場越しに、外観の様子がだいぶ見えてきました。

元の建具枠等とも相性がよさそうです。

壁がないものですから

武川の古民家、第3期改修にて。

築百年を超す古い日本の家は、家の中にほとんど壁がないものですから.コンセントやスイッチ、電気設備を仕込む場所を考えてしまうのですが、今回は柱に付けることにしました。

とはいえスイッチの装置が露出していまうので、真鍮製の‘見せる’スイッチボックスとしました。