ブログ
2019年3月5日

毎週ぼちぼちと

カテゴリー: 上里は邸 事例集

上里は邸にて。

ここ最近、
毎週のように上里に来て、
‘きらくなとそうや’。

74坪分ある外壁の板を
ぼちぼち塗り進めています。

最近は雨の日が多く、
天気予報もにらみながら
日を決めなければなりません。

その外壁の板も
並行して大工が張り始め、
外観がイメージできるように
なってきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

低い鴨居で思い出す

カテゴリー: 武川の古民家 事例集

上里は邸にて。

外部の木建具枠が
できあがりました。

この家は、
古い家の改修、

座敷の鴨居高さが
5尺7寸なのですが、

外部の鴨居は
それよりやや高いだけで

すごく解放感があるように
感じます。

鴨居の高さの話と言えば、
もう三年も前のこと。

ご縁で建築家・奥村まことさんに
お会いする機会をいただきました。

天に召される
少し前のことで、

彼女はベッドに腰掛けながら、
確か三時間近く四方山話を
させていただきました。

一つ一つのお話が
楽しくて三時間があっという間、

かといって
その間具体的にどんな話をしたかは
記憶が途切れ途切れなのですが、

鮮明に覚えていることの一つは、
窓の高さのお話しでした。

割と唐突に、
「今の鴨居の高さは高い」
「だからバランスが悪い」
「6尺もあれば十分」
という話を切り出されました。

確かにその通りだと思う一方で、

サッシの規格や
現代人の身長の高さを考えると、

なかなか開口部を低くする勇気は
ありませんでした。

しかし今回は、
古民家の改修ゆえに

室内の鴨居高さは強制的に
私の頭すれすれの5尺7寸。

改めて
その鴨居の下を歩いてみると、

座り込んでみたくなるほど
落ち着く。

開口部の様子を
引いてみてみると、

やはりプロポーションがいい。

そして頭の高さギリギリだと、
鴨居をくぐる時、

軽く会釈する感じになるのも
なんだかいい(笑)。

この光景を見て、

キレのいい
かつおだやかな
あの時の言葉を
思い出しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2019年3月1日

週明けご開帳に向けて

カテゴリー: 柏お邸 事例集

柏お邸にて。

週明けに
足場を払う予定のため、
外部の作業は大詰め。

今週は左官屋が大勢で
作業に入りつつ、

足場がないと困る
建具屋、電気屋と
現場が賑やかです。

もう少ししたら
内装の仕上げに入るので、

もっと賑やかに
なりそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2019年2月28日

サンパイゼロ

カテゴリー: 米の花 事例集

茅ヶ崎‘米の花’にて。

このたてもの作りの過程で
うれしかったことの一つは、

産業廃棄物処理費0円を
達成したことです。

これまで木と土で作るたてものは
廃材でもとことんまで使える材料が多く、

私が軽トラックで捨てに行けるくらい、
ゴミがとっても少ないと実感していましたが、

火を使う厨房廻りは、
法令上どうしても内装を
不燃化しなければならず、

数枚石膏ボード等を
使わざるをえないために、

産業廃棄物処理費が
生じていました。

自分で産業廃棄物処理業者に持ち込むと
実感するのですが、

その際いつも、
これっぽっちの石膏ボードを捨てるのに
こんな費用かかるのか、

そしたら石膏ボードを大量に使う
今の作り方だと、

膨大に産業廃棄物処理費が
かかるんだろうなと
想像したりもします。

今回も麹を仕込むために
火を使う部屋があるので、

いくらか石膏ボードを使ったのですが、

建主さんがその端材を
石膏と紙に分別し、

石膏部分の再利用を
試みてくれたのです。

他も徹底して
再利用等に挑み、

ついに産業廃棄物処理費0円を
達成しました。

月末節目

武川の古民家にて。

今日は厨房家具の取付。

厨房が取り付いて
長い長い大工仕事が一段落。

来月からは、
タイル、左官、建具、設備、電気…と、
完成に向けて目まぐるしく
職人たちが出入りすることになります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2019年2月27日

古建具がきいている

カテゴリー: 米の花 事例集

茅ヶ崎‘米の花’にて。

この建物の中は、
元々お持ちだった古建具が
随所に使われていますが、

それらが建物の雰囲気を
引き立てています。

とくに荒壁土との
相性がいいなと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2019年2月26日

ご開帳

カテゴリー: 米の花 事例集

茅ヶ崎‘米の花’にて。

先週ご開帳。

今回張った外壁の板は
ゆくゆくは木が経年変化し、
銀色にしたいというご意向により、

久しぶりに
塗装することをやめました。

改めて木の色は
表情豊かでいいなと
思いましたし、

今後変わりゆく色を
楽しみたいと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

土の引っ越し

カテゴリー: 米の花 事例集

茅ヶ崎‘米の花’にて。

余った荒壁土を
分厚いビニルの袋に詰めて

次の現場へ
お引越しの準備。

60袋くらいに
なったかな。

このひたすら
重い作業を3時間、

さすがにぐったり、

終わる頃は、
手足が少し震えていました。

次の現場に運び入れる時は、
これ持って急斜面を
昇らなければならず、

ラグビーの子どもたち呼んで
トレーニングと称して
運ばせようかな(笑)。

しかし実際、
本当によいトレーニングに
なると思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2019年2月21日

心地よい春の空の下で

小田原あきさわ園加工所にて。

こちらは先週‘ご開帳’。

心地よい春の空の下で
黒壁が映えていました。

建物の中は
送り出すために、
昨日から所員たちが大掃除。

着々と
ゲンバからイエへと
移行しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2019年2月20日

春のきざしに

カテゴリー: 柏お邸 事例集

柏お邸にて。

少し春を感じ始めたので、
外壁の仕上げに着手。

一回中塗りをとって
漆喰で仕上げる予定です。
 

ところで
ここで会う幼い子どもたちは
会うたびに成長していて、

毎回会うのが
楽しみです。

今日は逃げ出さなように
立てていたバリケードを
強行突破(笑)!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA