ブログ
2019年2月15日

食卓が軸の家

基本的にはのんびりと
子どもたちを育ててきましたが、

いや、育ててきましたが、と書くのも
ちょっと当てはまらないような気がするので、

子どもたちと過ごしてきましたが、
にします。

そんな中でも
一貫してヨメが貫いてきたことは、

毎日夕ごはん作りに
力いっぱい向き合ってきたこと。

自分が食べたいからも
あるかもしれませんが、

仕事から帰ってきて、
そんな気合入れて
おかず作らんでもええやん、
と思うほど、

質も量も
充実した食卓の日々を
過ごしてきました。

そして私も、
一貫して貫いてきたことは、

自分が食べたいからも
ありますが、

おいしいと思える食材を
手に入れること。

具体的には約15年間、
自然農法による農作物を
購入し続けてきました。

実は数日前、
いつも食べているお米が
米びつの底をついたので、

別のお米の袋を開けました。

それを知らずに
その日のお米を食べたムスメは、

「あれ、お米変えた…?」。

やっぱりいつも食べているお米を
気に入ってくれていたようです。

日常は仕事、
週末はラグビー、

自分の子どもたちのために
どこへ出かけるわけでもなく
なかなか時間もお金も
費やせずにいたのですが、

お米に対する一言で
価値観が伝わっていることを感じて、

なんだか救われたような気がしました。

そんなわけで
自分が間取りを考える時、
食卓を軸に描く傾向が
あるように思います。

2019年2月13日

劇的に

武川の古民家にて。

ここに来て
現場が劇的に
動いてきました。

ロフトへの階段ができ、
家具も並び始めて、

二期工事の完了が
見えてきました。

IMG_1180

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2019年2月12日

埋もれていたものも

カテゴリー: 今日のできごと

少し前に作らせてもらった家の
庭仕事が始まりました。

土を掘り返すと大小の石が
ゴロゴロと出てくるわけですが、

庭師の遠山さん、
それすらも活かそうと
大事によけてます。

いいなあ。
その場のアルモノ生かす心。

それは伝統的な工法の
本質の一つだと考えています。

それらがどう活かされているか
次来る時楽しみにしてます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2019年2月5日

クルマがにぎやか

小田原あきさわ園加工所にて。

仕上げに向けて、
大工、左官、電気、板金、塗装…、

様々な職人が
入れ替わり立ち替わり
入っています。

ここの現場は、
駐車できる場所に
ゆとりがあるのですが、

それでも今日は
いっぱいでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2019年2月4日

こちらも

カテゴリー: 柏お邸 事例集

柏お邸にて。

こちらも外壁の板張りが
完了しました。

今月下旬から
漆喰部分が仕上がれば、

‘ご開帳’の時期が
見えてきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2019年2月2日

中も外も

あきさわ園加工所にて。

中も外も、
だいぶ仕上げが
進んでいます。

外は‘いつも通り’な感じですが、

中はたくさん火を使うことから
内装制限がかかっているので、
いつもとちょいと違った感じに。

石膏ボードの上に
ステンレスが貼られ始めています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2019年2月1日

冬の乾いた空気に晒されて

カテゴリー: 上里は邸 事例集

上里は邸にて。

冬の乾いた空気に晒されて、
荒壁土がいい感じで乾いてきました。

この土は、
関東一周して採りに行った
多治見の土です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3時から一人ではどうにもならず

カテゴリー: 上里は邸 事例集

上里は邸にて。

外壁の板は
材木屋の土場で
塗っていることが
多いのですが、

ここは敷地が広いので、
現場で塗ることに。

冬は天気が読みやすいのと、
空気が乾いているので、
作業しやすいです。

しかし75坪分あるので、
3時から一人ではどうにもならず(笑)。

また来ます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA