ブログ
2024年6月5日

木建具が入り始める

カテゴリー: 岩槻か邸 改修の仕事

岩槻の古民家改修現場にて。

外部の木建具が入り始めました。外とつながって室内の空間が一気に広がりを感じるようになりました。

2024年5月21日

脱石膏ボード

カテゴリー: 岩槻か邸 改修の仕事

岩槻か邸にて。

この現場は脱石膏ボード、大壁は木ずり下地です。端材処分する時なんでこんなにお金とられんねんとモヤモヤすることないし、現場も気持ちいいです。

2024年2月10日

結の原点

カテゴリー: 改修の仕事

鎌倉由比ガ浜ぐ邸は、高校の同級生の家の改修工事。改修に使う外壁の板塗りのため、岡部材木店に高校同級生6名が集まりました。56坪もありましたが、集まってくれた皆さんのおかげで何とかギリギリ一日で塗りきることができました。

家づくりのたびに行っているこの作業、どんなメンバーでも楽しく作業を行っていますが、同級生ともなるとまた別の楽しさがあります。35年前に戻ったような会話、また35年前の学校行事の準備の楽しさを思い出したりもしました。

きらくなたてものやの取り組みの一つは、できることはみんなで取り組む「現代版結」。コスト云々もありますが、みんなでたてものに愛を注ぎ込む大切な機会。みんなで苦労を共有したからこそ、楽しい、愛おしいと思い、「あの時あんなことしたなあ」と家づくりの記憶を深く刻むことを期待して、変わらず20年間続けていますが、その原点は高校時代にあったことを思い出しました。

またみんなでできることないかな(笑)。

2024年1月30日

玄関入って縦格子

カテゴリー: 改修の仕事

鎌倉の潮の香る位置に立つマンションにて内装工事を進めていまして、そろそろ大詰め。デザインも見えてきました。とくに玄関の縦格子ができて、家の中に入った時の印象が格段に変わりました。

2024年1月25日

風格が増してきた

カテゴリー: 岩槻か邸

岩槻か邸にて。

古材色に塗った外壁板張りが8割がたできてきて、元々持っていたこの家の風格がさらに増してきました。

これに簓子が入る予定です。

2024年1月19日

静まりかえる家の中で

カテゴリー: 鎌倉津西つ邸

改修工事が9割9分終わり、静まりかえる家の中でお渡しする準備。なんだかさみしいですけどね。名残り惜しいので、写真をたくさん撮りました。間接照明のところを写すのが難しいな。

大学生の勉強&ゲームコーナー
刷新した居間の建具周辺
クリのキッチンに
縦縞のスギの建具ときらくな網戸が印象的な、廊下と縁側
縁側から主寝室に続く高窓
洗面所。最近この構成とすることが多いです。超オススメの乾太くんも新たに入りました。
2階個室に入ったクロゼット用家具
2024年1月18日

ヒミツキチは力が入る

カテゴリー: 鎌倉津西つ邸

縁側だったコンパクトな場所に、最近までラグビーしていた巨漢のムスコのための部屋を作りました。彼の身長を聞いて、彼でもギリギリ不自由なく身体を取り回せ、しっかり勉強とゲームもでき、足を伸ばして寝ることのできる寝ぐらとなりました。

こうしてヒミツキチのような空間に。はい、ヒミツキチ作るの大好きです。昔っから知っている子ということもあって、この場所作りには自ずと力が入りました(笑)。

また2層とするために天井高を上げたので、隠れていたマツの丸太が露わとなり、デザイン上のアクセントとなっています。

2024年1月13日

こもれびのような

鎌倉津西つ邸にて。昭和の「なつかしい家」に手を入れさせていただきました。

改修工事が大詰めを迎え、昨日床養生を剥がして蜜蝋ワックスを塗り、床が露わになると、すっかり「現場」から「家」になりました。

そこでまずは玄関と縁側の写真。この家も「きらくな網戸」から漏れる、木漏れ日のような光が印象的な家となりました。

  

2023年12月29日

発熱大事

カテゴリー: 岩槻か邸 改修の仕事

ここ1週間体調絶不調でしたが、昨日38度台に発熱して一気に上向きました。やっぱり発熱大事ね。
ということで今日は予定どおり岩槻で外壁板の塗装作業。久しぶりの簓子下見板張です。世間は冬休みなのか、行き帰りの道が珍しくスイスイでした。

2023年9月6日

カテゴリー: 改修の仕事

キッチンだった場所を、仕事部屋に改装中。

仕事する机の板は当初ヒノキの剥ぎ板を予定していたのですが、週末「魔法」がかかって立派なケヤキの一枚板となりました。現場に到着するやいなや重い重い板の運搬のお手伝い。何時頃来るのかと問い合わせがありましたが、そういうことだったのね(笑)。