ブログ
2018年7月24日

弥生時代に思いを馳せつつ

(仮称)茅ヶ崎の麹屋にて。

基礎工事が始まりました。

実は当初、
ヨイトマケで石を並べ、
その上に石場建ての建屋を
予定していたのですが、

地面を30㎝掘ると
遺跡が出るかもしれず、

それ以上掘る仕事をする場合は、
何百万円もかけて遺跡調査しなさい、
ということになってしまいました。

このあたりには
なんと弥生時代から人が住んでいたらしく、

人が住むには
とってもいい場所らしいです。

しかし喜んでいる場合ではなく(笑)、

ヨイトマケの場合、
地盤を堅くしなければならないので
砕石による地盤改良を予定したのですが、

それだと遺跡調査は必至、

このため
石場建てという方針は変えずに

コンクリートで
地面をあまり掘り下げなくてもよい工法で
基礎を作ることにしました。

現代人にとって
何が大事なんだろうと
少し考えさせられましたが、

弥生時代に思いを馳せつつ、

与えられた条件の中で
いちばんいい答えを
出していきたいと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA