ブログ
2012年3月21日

裏も美しい

カテゴリー: 鎌倉や邸

鎌倉古民家改修の現場にて。

畳表を交換するため、
今日畳屋さんが
畳を引きとりに来ました。

畳を上げてみると、
畳床の菰の目が見えました。

美しいなあと思って見ていたら、
畳屋さん曰く、
こんな美しい菰の目はめずらしい、
とのこと。

やはりそうなんだ。

昔の人たちは、
こういう見えないところにも
手をかけていたのですね。

さらに畳屋さん曰く、
畳は畳床がしっかりしていれば、
100年経っても使えるとのこと。

現代の畳のように
見えないところだから、
安価な工業製品、ではなく、

こういうところに手をかけるのは、
そういうことなのかもしれませんね。

何となく落ち着くデザインと
保温性という機能に加えて、
この耐久性、

改めて畳のことを
見直しました。