ブログ
2019年2月28日

サンパイゼロ

カテゴリー: 米の花 事例集

茅ヶ崎‘米の花’にて。

このたてもの作りの過程で
うれしかったことの一つは、

産業廃棄物処理費0円を
達成したことです。

これまで木と土で作るたてものは
廃材でもとことんまで使える材料が多く、

私が軽トラックで捨てに行けるくらい、
ゴミがとっても少ないと実感していましたが、

火を使う厨房廻りは、
法令上どうしても内装を
不燃化しなければならず、

数枚石膏ボード等を
使わざるをえないために、

産業廃棄物処理費が
生じていました。

自分で産業廃棄物処理業者に持ち込むと
実感するのですが、

その際いつも、
これっぽっちの石膏ボードを捨てるのに
こんな費用かかるのか、

そしたら石膏ボードを大量に使う
今の作り方だと、

膨大に産業廃棄物処理費が
かかるんだろうなと
想像したりもします。

今回も麹を仕込むために
火を使う部屋があるので、

いくらか石膏ボードを使ったのですが、

建主さんがその端材を
石膏と紙に分別し、

石膏部分の再利用を
試みてくれたのです。

他も徹底して
再利用等に挑み、

ついに産業廃棄物処理費0円を
達成しました。

2019年2月27日

古建具がきいている

カテゴリー: 米の花 事例集

茅ヶ崎‘米の花’にて。

この建物の中は、
元々お持ちだった古建具が
随所に使われていますが、

それらが建物の雰囲気を
引き立てています。

とくに荒壁土との
相性がいいなと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2019年2月26日

ご開帳

カテゴリー: 米の花 事例集

茅ヶ崎‘米の花’にて。

先週ご開帳。

今回張った外壁の板は
ゆくゆくは木が経年変化し、
銀色にしたいというご意向により、

久しぶりに
塗装することをやめました。

改めて木の色は
表情豊かでいいなと
思いましたし、

今後変わりゆく色を
楽しみたいと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

土の引っ越し

カテゴリー: 米の花 事例集

茅ヶ崎‘米の花’にて。

余った荒壁土を
分厚いビニルの袋に詰めて

次の現場へ
お引越しの準備。

60袋くらいに
なったかな。

このひたすら
重い作業を3時間、

さすがにぐったり、

終わる頃は、
手足が少し震えていました。

次の現場に運び入れる時は、
これ持って急斜面を
昇らなければならず、

ラグビーの子どもたち呼んで
トレーニングと称して
運ばせようかな(笑)。

しかし実際、
本当によいトレーニングに
なると思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2019年2月18日

明日ご開帳

カテゴリー: 米の花 事例集

茅ヶ崎‘米の花’にて。

外壁とウッドデッキが終わり、
大工仕事は一段落。

明日足場が払われる予定です。

ご開帳が楽しみ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2019年1月23日

あたたかくなりそう

カテゴリー: 米の花 事例集

米の花にて。

今週初めに建具屋が来て、
外部建具の一部と
内部に古建具を
吊り込んでいきました。

外壁の板を張る前に
建具が入りましたが、

たてものの中での仕事が
あたたかくなりそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2019年1月17日

計算できないから好き

カテゴリー: 米の花 事例集

米の花にて。

先月みんなで塗った荒壁土が
いい感じで乾いてきています。

収縮の割れがはいったあと、
鉄分のような赤色が
じわりとにじみ出てきました。

計算できないこの色、
この感じが大好きです。

そしてこれがそのまま
仕上げになります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続く予感

カテゴリー: 米の花 事例集

米の花にて。

現場につくと、
また建主さんの
いつもの後ろ姿を
見ることができました。

これだけ愛情と手を
注いでくれて、

このたてものは
百年以上続いてくれそうな
予感がします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2019年1月9日

背中で愛を語る

カテゴリー: 米の花 事例集

「米の花」にて。

現場に着くと、
建主さんが作業台に向かい、
木で何やら作っている
背中が見えました。

また厨房をみてビックリ!
真っ白に漆喰が塗られていました。

年始の時間を利用して、
全部一人で進めた模様です。

本当にこのたてものづくりに
かけているんだな、

このたてものを
愛しているんだな、

と背中が語っていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2018年12月21日

また取りに来たくなる

カテゴリー: 米の花 事例集

茅ヶ崎「米の花」の荒壁土が
足らなくなってしまったので、

急きょ多治見の
泥コン屋さんまで。

最近ちょっとずつ練った土が
足らなくなる計算となっているのは、
反省しなければなりませんが、

泥コン屋さん自体
がんばってほしいし、

ここの泥コン屋さんが
本当によい方で、

またドライブがてら
取りに来たくなります。

今度の現場は
丘の上だし、

練るのが困難なので、
また取りに来るかな。

IMG_0887