ブログ
2019年6月9日

定番の一つ

カテゴリー: 藤沢い邸 事例集

藤沢い邸にて。

コルクタイルの床、
石調タイルとサワラの壁、

そしてコウヤマキの浴槽、

最高に心地よい、
最近のきらくなお風呂の
定番の一つです。

撮影:畑拓

44n3Z3A8174 -2a

2019年1月11日

居間と階段の関係

カテゴリー: 藤沢い邸 事例集

藤沢い邸の竣工写真。
撮影:畑拓

居間と階段の位置関係は、
家の採暖方法によって
変えています。

床暖房のように
低温の輻射熱であっためる場合、
居間はできるだけ
閉鎖できるように、

薪ストーブのように
大きな熱源がある場合はむしろ、
より開放的に。

この家は
薪ストーブがあるので、

解放感のある
階段となっています。

また昇りきったところに
光が降り注ぐ窓。

真夏の排熱にも
一役買う予定です。

47n3Z3A8260-2a

2018年12月27日

1セット

藤沢い邸にて。

風と光を通す大開口と
保温性の高い障子は、

私の中で
1セットです。

撮影:畑拓

57n3Z3A8542-2a

55n3Z3A8537-2a

2018年12月20日

二年越しの帰郷

カテゴリー: 藤沢い邸 事例集

藤沢い邸にて。

道路後退と駐車場確保に伴い、
もともとあった立派な庭木たちを
伐らなければならなかったのですが、

伐った後
処分するのではなく、

うちで預かり、

すっかり乾いて

約二年越しに
帰郷することになりました。

これでこの冬、
薪ストーブの燃料は
安泰です。

それにしても、
薪を置いておいた、
うちの事務所用の土地に
いつ事務所建つんだ?(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

層状の横格子

カテゴリー: 藤沢い邸 事例集

藤沢い邸にて。

きらくな網戸、
バルコニー、
ウッドデッキの横格子が
層状に重なる外観です。

撮影:畑拓

3n3Z3A8663-2a

2018年7月26日

巣立ちに向けて

カテゴリー: 藤沢い邸 事例集

藤沢い邸にて。

明後日いよいよお引越し。

去年の春から始まった
長い長い物語もあともう少しでおしまい。

長年溜まった埃をはらい、
床を拭き、

ゲンバからイエへと
仕立て上げました。

私は事務所で
家具の受け取りを
しなければならなかったので、
夕方から合流、

所員と建主さんのお母さんが
がんばってくれて、

ちょうど日が暮れる頃、
作業は終わりました。

うれしいけど、

もうここへ
頻繁に来ることがないと思うと、
やっぱりさみしいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2018年7月21日

石に再び生命が宿る

カテゴリー: 藤沢い邸 事例集

藤沢い邸にて。

庭師の遠山さんによる
外構工事が完了しました。

この家の外構は、
道路幅を広げなければならず、

このために
道路側の擁壁を作り替え、
それに伴って庭が縮小、

また門の前の石段も
作り替えなければならなかったのですが、

既存の石を
ほぼ全て保管しておき、

建物完成後に
それらを活かして
庭や石段を再生、

するとあたかも
前もそうだったのではないかと思うほど
見事に景色が復活しました。

さすが石が大好きな遠山さん、
石の使い方が見事です。

建主さんも、
作業中、石に愛を感じた、
とおっしゃっていました。

そう、遠山さんの‘愛’により、
再び石に生命が宿りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2018年7月19日

門なおる

カテゴリー: 藤沢い邸 事例集

藤沢い邸にて。

門廻りがかたちになってきました。

柱の足元がシロアリさんに
相当やられていたので、
その部分は切り落とし、

そのかわりに
コンクリートで袖壁をつくることにより
直しました。

改修の仕事の面白さは、

デザインがどのように変わるか、
あるいは変えないようにするのか、

またかかる費用も含めて

どのように治すかを
職人たちと頭をひねりながら
考えることもその一つです。

今回もそんな
仕事でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2018年7月9日

線の多いたてもの(その2)

カテゴリー: 藤沢い邸 事例集

藤沢い邸にて。

外壁は板張り、

バルコニーとウッドデッキは、
横繁の格子、

そしてきらくな網戸も付いて、
外観も線の多いたてものとなりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

線の多いたてもの(その1)

カテゴリー: 藤沢い邸 事例集

藤沢い邸にて。

伝統的な建築工法に
携わるようになってから約20年、

手がけ始めた頃、
こうしたたてものは、
今どきのたてものに比べて
図面書くとき線が多いな、
と感じたものです。

もはや今では
たくさん線を書かないと
不安を覚える私ですが(笑)、

そんな私でも
ここの空間は、

線がたくさんだな、
と思います(笑)。

でも好きです、
線の多い空間。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA