ブログ
2020年5月14日

ブランコ越しの家

鎌倉浄明寺は邸の
竣工写真シリーズ。
(撮影:畑拓さん)

庭の大木に掛かる
ブランコ越しの家。

このブランコは、
大勢でタケコマイ隊している時に
子どもたちもたくさんいたので
作ったもの。

ブランコを見ると、
あの日々のことを
思い出します。

n_TH03856a

2020年5月10日

シンプルゆえに

鎌倉浄明寺は邸の
竣工写真シリーズ。
(撮影:畑拓さん)

日射しを絞りつつ
風を通せる
西側の外観。

西側の開口は
すごく気を遣ううえに

窓の形状や位置を
整えることは
難しいのですが、

この家は間取りが
ごくシンプルなので

それを可能としました。

n_TH04174a

朝の支度は

鎌倉浄明寺は邸の
竣工写真シリーズ。
(撮影:畑拓さん)

銀杏の天板と
銅のシンクによる
厨房の構成。

収納は
いたってシンプルに。

目の前に
窓があるので

朝日と朝の風を
存分に浴びながら、

朝の支度をする姿が
目に浮かびます。

n_TH03537a

2020年5月3日

風景が際立つ

鎌倉浄明寺は邸の
竣工写真シリーズ。
(撮影:畑拓さん)

東西南面に面した窓は、
全て同じ間隔で
横桟が入っています。

自宅をはじめ、
たまにやることなのですが、

窓全体のプロポーションが
ととのうだけではなく、

向こうに見える風景が
切り取られることにより、

風景がより際だって
見えるような気がします。

レーモンドが設計した
日光のイタリア大使館を
見学しに行った時も、

同じように感じました。

横桟を入れる時に
すごく気を使うのは、

割付と横桟の見付寸法。

少なすぎると
間延びして感じるし、

多すぎると、
うるさいし、

また細すぎると
邪魔に感じるし、

太すぎると
野暮ったいし、

施工性も確認しつつ、
ちょうどよいのは
どこにあるのか、

探す旅が
続くことになります。

n_TH04109a

2020年4月26日

洗面所の基本構成その1

鎌倉浄明寺は邸の
竣工写真シリーズ。
(撮影;畑拓さん)

洗面所は、
北側の森を存分に眺めながら
歯を磨けるようになっています。

洗面ボウルは
シンプルな形状の銅ですが、

これが陶器だったとしても

水栓は
よくある混合栓ではなく
壁出しの単水栓、

今は給湯器が優秀で
水栓側で温度調節することなんて
滅多にないので、
単水栓で十分。

そして操作部が
ボウルの上に来るように、
胴長のタイプの水栓を選択。

これがきらくなたてものやの
洗面所の基本構成その1。

天板の木に少しでも
水が掛からないように
するためです。

そういえば銅は、
素材表面で
ウィルスの生存時間が
短いようですね。

ウィルスだけではなく他の菌も
長く生きていられないためか、
ぬめりが少ない気がします。

n_TH03602a

2020年4月24日

朝風呂が楽しみ

鎌倉浄明寺は邸の
竣工写真シリーズ。
(撮影:畑拓さん)

角に開放的な
開口部のある浴室には
きらくな網戸。

浴室が開放的な
開口部の場合、

例外なく
きらくな網戸を
仕込むのですが、

これがあることにより
夜寝ている時も
網戸のまま
風を通せるからです。

そしてこの浴室は
東側を向いているので、

朝日の影が
奥まで差し込み、

朝風呂も楽しみという
おまけ付き。

ここは開放も気持ちいいけど、
影も楽しい朝のお風呂です。

ちなみに私は元来、
朝風呂派です。

n_TH03577a

2020年4月4日

鎌倉浄明寺は邸の
完成見学会が一段落し、

ほっと一息
一人夜景を撮影。

たくさんのえがおと出会えて
ありがとうございました。

また皆さんと
お話しをしながら、

灼熱の太陽の下
もくもくと現場で
掘り起こした土を
5立米ふるったり、

棟上前の蒸し暑い日に
建主さんと二人で
木を運び上げたり、

そこの壁の
竹小舞をしてくれた人の
顔を思い浮かべたり、

日が暮れた後も
灯りを照らして
外壁の板を塗ったり、

これまでの
数々の手と汗の物語を
思い出して、

ここを離れがたいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2020年4月2日

きらくな網戸の夜景

鎌倉浄明寺は邸にて。

片付けや
産業廃棄物を
捨てにいっていたりしたら、

あっという間に
日が暮れてしまいました。

日が暮れた頃に
置場に運ぶ荷造りが
一段落し、

わずかな時間ですが
夜景を楽しみました。

美しい影が
随所に見られましたが、

やっぱり夜景を
美しく撮るのは
むずかしいや。

明日カメラマンの
畑さんが撮影してくださるので
夜景楽しみにしています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

きらくな網戸の朝景

鎌倉浄明寺は邸にて。

今日は朝から
現場作業。

引き渡しに向けて、
事務所総出で
掃除や片付けなど。

朝来ると、
お風呂の東に面した
きらくな網戸が

美しい影を
伸ばしていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2020年4月1日

舞良戸に仕掛けた色味

鎌倉浄明寺は邸にて。

足場を払う都合で、
先行して外部の木建具は
入っていましたが、

本日室内の
建具が入りました。

間仕切りの木建具は、
私の大好きな舞良戸。

その向こう側に
北側の木々が見える
窓があるのですが、

舞良戸の鏡板が
光の量に合わせて

窓に向かって
色味が明るく
なっています。

もしかして
新井さん仕掛けた?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA