ブログ
2019年6月10日

手洗いから始まる改修工事

カテゴリー: 改修の仕事

鎌倉の二階堂で、
古い家の改修工事が
始まりました。

まずはいきなり、
便器の交換から。

元々の便器が
壊れていて、

このままだと
仕事の最中に
用を足す時に
調子悪いためです。

何しろ近くに
コンビニなどない
山のてっぺんですからね。

ここは
自主施工支援型で
進めるのですが、

たくさんの応援が
期待できそうで
楽しみです。

351F1AF1-54AD-460B-B0D8-ED586AF3DD18

2019年6月9日

定番の一つ

カテゴリー: 藤沢い邸 事例集

藤沢い邸にて。

コルクタイルの床、
石調タイルとサワラの壁、

そしてコウヤマキの浴槽、

最高に心地よい、
最近のきらくなお風呂の
定番の一つです。

撮影:畑拓

44n3Z3A8174 -2a

2019年6月8日

柔らかい音のために

カテゴリー: 改修の仕事

鎌倉大町の改修現場にて。

ピアノ室の壁に
サワラの目板張りを企て中。

柔らかいサワラが
柔らかく音を
響かせてくれることを
期待しています。

19607CE8-9FF0-441D-8B47-C3E70BC3D3E8

太鼓を選ぶ

鎌倉市浄明寺の丘の上で
物語が始まろうとしています。

物語の仕込みは、
だいぶ前から行っていたのですが、

何分行政手続きに
丸一年近くかかってしまい、

ようやく目途が
たってきました。

大工のほうも準備段階。

そこで建主さんには
今朝早い時間に
材木屋までご足労お願いして、

太鼓梁を2本
選んでいただきました。

この太鼓梁は、
以前鵠沼のお屋敷で
伐採したクロマツ、

個人的にも
思い出深い木です。

今度新たに
生きる場所の条件を踏まえて

大工、材木屋とともに
あーでもない、こーでもないと
言いながら、

最後建主さんに
決めていただきました。

太鼓梁は唯一無二だけに
こういう過程が楽しいですね。

12E5BA5B-6809-4772-8470-1DDD7D086337

2019年6月3日

梅を楽しむのうえん隊

本日お昼に
あきさわ園に。

以前も行っていましたが、

今年からまた本格的に
フリースクールの方々と
「のうえん隊」が始まりました。

今日の仕事は梅仕事。

最初は
膨大な数の梅のへた取り。

一人だったら
苦痛と感じることも

大勢で話しながら
手を動かすのは
楽しいですね。

午後2時からは、
梅の収穫。

木登り好きには、
最高の仕事です。

木のてっぺんから見える景色が
本当に気持ちよかった。

一日中、
いや一年中、
やっていたい仕事です(笑)。

お土産にいただいた梅、
どうしようかなー。

梅シロップかな。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

楕円がご縁

6月初めの月曜日。
改修および修繕の仕事が
2件始まりました。

一つは厨房と和室、
一つは屋根、

共通しているのは、
どちらも建主さんが
ラグビーとご縁のある方、

しかもどちらも
入っている職人さんに
ラグビー関係者がおります。

打ち合わせの合間にも
少しラグビーの話ができたりして
なんだかとてもうれしいです。

これも一つの
趣味が実益に、
なのかな?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2019年6月2日

仕上げに向けて

カテゴリー: 上里は邸 事例集

上里は邸にて。
一年半越しの大工工事が
ほぼ完了。

これから室内の仕上げに向けて
現場が動き始めていきます。

それにしても
ここまで日曜日の早朝ドライブ、
気持ちよかったなー。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2019年5月26日

この日の記憶が

カテゴリー: 狛江か邸 事例集

狛江か邸にて。

まさに初夏の陽気。

夏至近くのため
太陽が元気元気、

しかし時折通り抜ける
風が何とも爽やかで、

水を浴びれば
いい具合に身体が冷えて

泥をこねるには
ちょうどよいと言ってもいいくらいの
お天気でした。

とはいえ
今日の作業量は、
6立米。

私が機械ギライのため(笑)、

皆さんはその犠牲となって
人力で立ち向かわなければ
ならないのですが、

これまでの経験上、
6立米は人力だと一日で練れる
精いっぱいの量、

しかし今日も、
建主さんのご縁で

何名もの方が
お手伝いに来てくださり、

無事一日で
練りきることができました。

来てくださったのは、
建主さんのお友だちをはじめ、

実はきらくなたてものやに依頼を決める前に
相談されていた工務店の担当者や、

お住まいの土地探しに
誠心誠意ご協力してくださった
不動産屋さん、

建主さんの人徳で

普通‘ありえない’方々も
泥まみれになって
脚つってまでも
どっぷりと日が暮れるまで
力を貸してくださって、

本当に「ありがとう」に
満ち溢れた日となりました。

そして普段はどちらかというと
インドア派な感じの建主さんの子どもも、
泥まみれになって大ハッスル。

これまで
幼稚園から小学校低学年くらいの
年齢の子は、

泥の箱を見ると
怖がる子が圧倒的に多かったのですが、

意外、と言ったら
失礼かもしれませんが、

大はしゃぎで
泥の中で泳いでいました(笑)。

でも満面の笑みで
泥と戯れている姿を見て
私もとてもうれしくなりました。

家づくりの事始め、

この日の記憶が
遠い遠い将来、
何かに作用してくれれば。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2019年5月25日

石で化粧

カテゴリー: 鎌倉は邸 事例集

鎌倉は邸にて。

約1年越しに、
外構工事が進行中。

遠山さんお得意の石で

見事に化粧が
進んでいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA