ブログ
2005年6月12日

嗚呼、バンブーボルボ…

カテゴリー: ピスカリア


竹をボルボ2台の頭の上に積載し、さあ、出発!

まずは、私の車から発車。
慎重にガタガタ道を行く。

しかし、すぐさま後からクラクションが。
バックミラー越しに見ると…

発車直後、キャリアが重さに耐え切れずに、倒れてしまった。
そして竹という竹がボルボに覆いかぶさる。
急いで竹を下ろす。
しかし、ボルボに無数のすり傷が…あ〜あ。

移動を1回で済まそうと思って、積載荷重制限を考えずに、欲張りすぎました。
反省。

バンブーボルボバビブベボ

カテゴリー: ピスカリア


雨がぱらつく中、篠竹とマダケを回収。

2台のボルボの頭上に竹が。

記念写真をパチリ。

しかし、この直後に、あんな事件が起ころうとは…
竹林の中で起こったのが、まだ不幸中の幸い。

出荷を待つ竹

カテゴリー: ピスカリア


出荷を待つまで、篠竹を煙でいぶす。
某所のたき火場となっている大きな穴のうえに、しばらく置いといた。

篠竹をかぶせるまでは火はくすぶっていたが、篠竹を一面かぶせた瞬間、炎がぼっと上がった。

何でだろう?

かぶせることによって、かえって空気の対流がよくなったのだろうか。

2005年6月9日

5年越しの…

カテゴリー: 今日のできごと


この地に住み始めてから、早5年が経とうとしてます。
そして今、ようやく余地の部分(「庭」とは決して呼べない)の工事(外構工事)に着手しました。

ここまで外構工事の着手をひっぱったのは、理由がいくつかあって、
①合併浄化槽の撤去後に着手することにしていた
②今後の仕事のつながりも意識し、植木屋さんは、是非地元の方にお願いしたかった
③住んでからも、外構に対して、「これだ!」というイメージがなかなかふくらんでこなかった
ためです。

①は、ようやく先月撤去。

②は、つい最近、知人の紹介で、近くの方でとてもよい出会いをいただきました。

③は、外構に限らず、例えば家具にしてもそうですね。なかなか「これだ!」というものに出会わなければ、それなりの予算がかかるがために、買うのを躊躇してしまいます。
ですので、けっきょく住み始めてから大きな家具を買い換えたり、買い足したりはそれほどしてません。(コピー機の台と、子どもの机くらいか)基本的には今まで使っていたものをそのまま使っていたり、余った木材等をうまく並べて台にしたりです。
誰だったか、同じ建築を仕事とする人だったと思うのですが、新しい家に住み始めたものの、なかなかいいテーブルに出会わなくて、数年間、みかん箱をひっくり返してテーブル代わりにしていた、なんて話をしていましたが、思い入れをもって家をつくった分、すごくその気持ちが分かります。

2005年6月5日

おおば栽培計画

カテゴリー: 目黒か邸


K邸の基礎。
今日の夕方確認してきました。

巾20センチの基礎は、見た目にもガッチリ。

さて本日、Kさん、上棟の日まで、基礎の中で大葉栽培計画発表。

前代未聞。これも基礎打ってから上棟までしばらく時間がある、手刻みの仕事ならではか。

それにしても僕の周りは、楽しい人たちでいっぱいです。
是非やってください。見てみたい。

柿渋塗りに必要なもの、その3

カテゴリー: 目黒か邸


それは、休憩タイム。
これが待ち遠しかったりして。

藤間さんを囲み、皆で談笑。
ついでに、台所廻りの打ち合わせ。

コーヒーは、ななんと藤間さん(大工)が淹れてくれます。

我が家の家づくりのときもそうでしたが、常にコーヒーは藤間さん(大工)が淹れてくれます。
それもインスタントではないですよ、豆からです。
藤間さん、ドリップセットを持ち歩いているのです。

空の下で飲むブラックコーヒーは格別。

柿渋塗りに必要なもの、その2

カテゴリー: 目黒か邸


Hさんも、運びます。
木って、けっこう重いですよ。

さて柿渋塗りに必要なもの。その2。
家づくりに対する「愛」ですね。
想いを込めて、材木をゴシゴシ、ゴシゴシ。
そう、柿渋塗りは、木に「気」を注ぎ込む作業なのです。

柿渋を塗る(3回目)

カテゴリー: 目黒か邸


今日は3回目の柿渋塗りです。
参加者は、Kさんご夫妻と私の3名。
そして藤間さんが鍵を開けるためもあって付き合ってくれました。

朝7時からの作業。(私は少し遅刻しましたが)
朝は涼しくていいですね。途中雨が降ったものの、11時を過ぎた頃はとても暑かったです。
そして、お昼で全ての作業が終了。
何だか時間を得した気分になります。
その後、Kさんたちは次の用事へ、私はエコヴィレッジ鶴川の打ち合わせに向けて、ウッディカネコを後にしました。

それとKさん、お昼ありがとうございました。
時間がない中、お昼どうしようかな、と思っていましたので、たいへんありがたかったです。
あまりにも腹がへっていたので、目的地に着く前に車の中でたいらげてしまいました。
しかし、「スナックえんどう」の何たるかを知らず、失礼いたしました。そういうことだったのですね…ふたを開けて理解しました。
葛もおいしかったです。